クレジットカードと末永くいいお付き合いをするために

クレジットカードはとっても便利です。

大学に入学する際にはじめて手にしたのカードは学生用で上限が低めに設定されたものでした。大学内で使う時は署名ナシで使えてとても便利だったので、すっかりその便利さにハマッてしまい、外でも使うようになりました。

持ったばかりの時は上限はとても気にしていました。でもどこか感覚が麻痺していくことがあって何度か失敗もありました。

その教訓から、よほどの利点がない限りクレジットカードは使わず、現金で払うようにしました。大きなポイントが溜まるとか、商品券がもらえるなどの利点がある時は使ってもいいことにしました。

何にしても「カード払いをする理由」を自分で自分に説明することを科しました。

それから万一使ったらそのレシートを一ヶ月見えるところに保管するようにしました。一ヶ月にどれだけ使ったのかを一目で分かるようにするためです。

こうしておけば、後どれくらいで上限に達するのか分かります。それにカード払いは言い方を返れば「ツケ払い」なのです。

いわば借金。借りたものは返す。魔法のカードと思わないように自分自身を律するためにしていることです。とても便利なので末永くいいお付き合いをしたいと思っています。